住まいの地震対策について

地震で住まいが倒壊してしまう事のないように、地震対策で耐震改修をして家の補強をするようにしましょう。

住まいの地震対策について

住まいの地震対策として耐震改修をする

最近の家というのは、ある程度地震の事を考えて建てられているものです。
しかし、かなり昔に建てられた家の場合はどうなのでしょうか。何十年も経っているような住まいの場合は、きちんと建物自体に地震対策をされていない可能性があります。
そうなってくると大きな地震があった時には、建物自体が倒壊してしまう可能性がでてきます。
例え、住まいの中でタンスが倒れないようになどの地震対策をしていたとしても、建物自体が倒壊してしまうようなことがあっては意味がありません。そして建物が倒壊していしまえば、たとえ逃げた後や家にいない時だったとしても、その後住むこともできなくなってしまうのです。
ですので、そういった事のないように、自分の住まいはきちんと地震対策のされた家なのかを知っておかなくてはなりません。

もしも地震対策をされていないようなのであれば、耐震改修をした方がいいでしょう。
そうすれば、地震で倒壊してしまうようなことは避けられる可能性が高くなります。
例えば耐震改修をしておきたい部分としては、基礎を補強したり、壁を補強するといったことができます。
その他にもあるのが、シロアリに食われてしまったような部分をはとても弱くなっていますので、その部分を取り換えたりする事もできます。
ですので地震が起こってしまう前に、自分の住まいは大丈夫なのかというのを確認しておきましょう。
古くなっているのであれば、なおさら確認しておく必要があります。

話題のワード、役立つこのサイトがおすすめ。

Copyright (C)2018住まいの地震対策について.All rights reserved.